新越谷肛門胃腸科クリニックは越谷駅から徒歩1分 越谷駅徒歩1分の山六ビル2F
ok2(おけつ)のことなら何でも相談ください
西新井大腸肛門科は土日も診療、入院設備もあります
秋葉原サテライトクリニックは女医による女性専用診療あり
IBS 過敏性腸症候群
女性の患者さま
アルタ注射療法
増加する大腸がん
まんが 肛門の話し
まんが 診察の流れ
まんが 内視鏡検査
     診察の流れ/病気の説明
肛門の病気の話し 診察の流れ 内視鏡検査の流れ
アルタ注射療法とは? 増加する大腸がん
日帰り治療[アルタ注射(ジオン注射)療法)]

新しい『アルタによる注射療法』は、
従来は手術を行っていた
「脱出を伴う内痔核」に対して、
効果を期待できます。
痔核(いぼ痔)の中には発生場所により、直腸側にできる内痔核と、肛門の上皮にできる外痔核に分けられます。
内痔核の場合痛みを感じることは少なく、出血や排便時などに痔核が肛門の外にでる(脱出)で症状に気づくことがあります。
アルタ(ジオン)は「脱出を伴う内痔核」に効能・効果を持つ局所注射用配合剤であり、痔核への投与にあたっては「四段階注射法」という独特な手法を用いて投与いたします。
非観血的に病変組織を硬化退縮させることにより重度内痔核の脱出と、排便時出血を消失させると考えられます。
(三菱ウェルファーマ「ジオン注について」より)
手術に比べて侵襲が少なく、患者さんの負担の軽減 及び入院期間が短縮されることなどから、社会生活への早期復帰が可能となります。
また、肛門の痛みを感じない部分に注射をするため、痔核を切り取る手術より痛みが少ないです。
アルタ投与前に麻酔を行い、肛門周囲の
筋肉を緩め注射しやすくします。
ひとつの痔核に対して4か所に分割して
投与します。


複数の痔核がある場合にはそれぞれに投与します。
投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなる
まで安静にする必要があります。