新越谷肛門胃腸科クリニック 越谷駅徒歩1分 越谷駅徒歩1分
西新井大腸肛門科
秋葉原サテライトクリニック
ibs 過敏性腸症候群
女性の患者さま
アルタ注射療法
増加する大腸がん
まんが 肛門の病気の話し
まんが 診察の流れ
まんが 内視鏡検査
     当院の診療方針
[当院の特徴]
「楽な検査」を提供する為に、最新鋭の検査補助装置
「内視鏡炭酸ガス送気装置」を導入しております。
今迄の大腸内視鏡検査は、腸を拡張する為に空気を送気し、検査して
おりましたので、検査後の腸の違和感=腸内残空気が発生しておりました。
空気の1000倍以上の速さで体外に排出される「炭酸ガス」を空気の変わりに
送気し、検査後の腸の違和感を極力抑えられる最新の検査補助装置導入の
検査を行っております。
「安全」「楽な検査」を患者様の負担が増える事無く行っております。
患者さんの病態と生活スタイルに合わせた、
オーダーメイドの医療を提供
大腸肛門病専門医が、患者さんの病態と生活スタイルに合わせたオーダー
メイドの医療を提供します。
痔を例にとれば、痛みや出血の程度、仕事が休めないか、高齢であるか、
等に応じて治療方針を話し合って決めています。
消化器専門医が行う各種検査
消化器専門医が、無痛の大腸内視鏡検査や、胃内視鏡検査(鼻・口からの
胃カメラ検査)を行います。
大腸がんの発見率は、本院と合わせて近隣では群を抜いています。
また、早期がんに対する内視鏡手術も数多く実施しています。
もちろん、便潜血陽性の患者さんに対する2次検診も行っています。
女性の方が受診しやすいよう、配慮されたクリニック内
女性が恥ずかしさのために受診を遅らせてしまうことがないように、
女性設計士が設計をした女性専用の待合室や化粧室があります。
女性の患者様への配慮
日帰り手術・入院手術どちらでも対応
痔や大腸ポリープの日帰り手術を行っています。
入院が必要または希望される患者様には、当クリニックで手続きを行い、
西新井本院で手術を行います。
当クリニックの担当医が、西新井本院での手術から退院後まで一貫して
治療を行います。
「目は口ほどにものを言う」と言いますが、「おしりは口よりもものを言う」のです!
口は胃腸への入口に、おしり(肛門)は出口にあたります。
胃腸の情報は口よりも、おしりから得られることの方がはるかに多いです。
例えば、おしりから出血したら・・・
それが痔からなのか、腸からなのか?
良性なのか、悪性なのか?
痛かったら切らなくてはならないのか、薬で治せるのか?
このような治療を行うための手がかりが得られます。
その上、おしりは胃腸のバロメーターであるだけでなく、おしり特有の病気(=痔)もあるのです。
出血したら・・・
痛かったら・・・
下痢をしたら・・・
便秘が続いたら・・・
当クリニックではこれらの症状に対し、原因が胃腸なのか、
肛門なのかを内視鏡で的確に判断し、
高度な専門的医療を提供します。

当院の大腸内視鏡検査は、できるだけ患者さまの
ご負担や恥ずかしさを感じさせないよう、
楽な姿勢でお受けいただけます。
痔について
まんが 肛門の病気の話し
それぞれの痔の図を用いた説明や、治療法についてまんが形式でご覧いただけます。