新越谷肛門胃腸科クリニック 越谷駅徒歩1分
西新井大腸肛門科
秋葉原サテライトクリニック
IBS 過敏性腸症候群
女性の患者さま
アルタ注射療法
増加する大腸がん
肛門の病気の話し
まんが 診察の流れ
まんが 内視鏡検査
     女性の患者様への配慮
「大腸や肛門の診察」と聞くと抵抗を感じるのは、自然なことです。
ですが恥ずかしさから受診が遅れてしまい、
症状が悪化すると日々の生活も辛く感じてしまいます。
当クリニックでは女性の方が安心して受診できる様に
様々な配慮をしています。

※生理中であっても診察や検査には支障ありません。
気になる症状がございましたら早めにご来院ください。
木曜日9:30〜12:00はレディースデイ
女性の医師が診療を担当し、スタッフもすべて女性の女性専用診療日となっております。
女性の方も安心してご来院・ご相談ください。
男性の院内入室はご遠慮頂いております。
緊急の場合は事前に一度電話にてご連絡をお願い致します。
日本大腸肛門病学会 専門医 女医が担当いたします。
当クリニックでは、女性患者さまの不安を少しでも和らげることができるよう、男性スペースと女性スペースが完全に独立した設計になっています。
待合から診察まで男性患者さまに会うことなく終わらせることが可能ですので、安心してご来院ください。
女性専用スペースの確保
肛門科では、患部をどのように診察するか不安な方も多いと思います。
診察では患部を見たり触れたりすることは避けられませんが、そうした恥ずかしさや負担を抑えるため、当クリニックでは横向きの体位(シムス体位)で診察を行います。
腰にバスタオルをかけた状態での診察となりますので、恥ずかしさを最小限に抑えることができます。
大腸肛門科の場合、診察の際の質問内容がとてもデリケートな内容になってしまいます。
症状の原因を特定するため、口にしたくないようなことも場合によっては
お答えいただかなくてはなりません。

当クリニックでは、口頭で直接症状をお聞きせずに済むよう、問診票へ症状の内容を
詳しくご記入いただいております。
そうすることで診察の際にデリケートな質問を最小限に
抑えることができます。
問診票に、より詳しい症状を記入していただくためにも、
他の方の目が気になる待合室でのご記入よりも、
あらかじめ問診票をダウンロード・印刷していただき、
ご記入いただいてからの来院をオススメ致します。
また、問診票に記入していただいてから来院していただくことで、
待ち時間の短縮にもつながりますので、ぜひご利用ください。
問診票ダウンロード
大腸・肛門の病気は、早期に治療することで完治しやすいことが多くあります。
ですが、特に女性の場合は恥ずかしさから受診が遅れてしまい、症状が悪化してしまった
というケースが少なくありません。
当クリニックでは、女性の方でも安心してご来院いただけるようになっております。
大腸や肛門に不安のある方は、一度ご来院ください。
受付女性待合室
女性待合室廊下
女性看護師による説明女性更衣室
女性用化粧室女性用化粧室